ボヘミアンさん、こんにちは

こっそり読んでほしいボヘミアンさんのブログ。

また会えるかな

昔仲良くさせてもらっていた歯医者のおじさんが数ヶ月前に亡くなっていたって聞いた。

今日、お出かけ最中に突然聞いたもので、とにかくショックで…。

 

ぼくはそのおじさんのこと「〇〇〇ちゃん」と呼んでいたんですよ。

ぼくの方が20個も年下なんですけどね。ホント無礼ですよね。笑

でもニコニコして面白がってくれて、それで色々仲良くさせてもらってたなあ。

 

人が大好きで孤独がキライ。

寂しがり屋なもんだから、クリスマスイブの日にわざわざ遊びに来てなかなか帰らなかったこともある。

あれはマジで困りましたよ。そっち系なのかとビクビクしてたし。笑

 

で、女好きなんだけどモテなくてさ。

  • 「ボヘカフェには美人な生徒さんが多すぎる。なんで?」
  • 「うちの医院には美人さんなんか一人も来ない。どうして?」

って真剣な顔して聞いてくるし。知らんがなっ。笑

 

他にも思い出はたくさんあります。

そうだ。

ぼくはこの人のことを真剣に思って一回説教したことがあるんですよね。

 「すみません、今まで黙って見てましたけど少し言わせてください。」って。

  • 大金叩いてパワーストーンだとか水晶だとかにハマって、経営者なのに自身を顧みないのは違うでしょうと。それは現実と向き合ってない。逃げてるんですよ。
  • 運命って霊能者とか占いが決めるんじゃ無くて、自分で切り拓いて行くものでしょ。
  • 自分の判断で動いて、その結果はすべて受け入れる。その覚悟が無きゃダメですよ。
  • こんなことだいぶ年下のぼくに言われてちゃ行けません。目を覚ましてくださいって。

 

今まで誰もそんなこと言ってくれなかったんでしょうね。目をまっ赤にして黙って聞いてくれて、それで立ち直ってくれた。

そうしてホントに友達のように接していたんだよね。

 

でもお互い多忙でいつしか疎遠になって。

今年に入って偶然見かけて「今度遊びに来て下さいよ!」って言ったのが最後の言葉。

 

 

〇〇〇ちゃん、やっぱり寂しいよ、その別れ方。

また楽しく話したかったよ

f:id:bohecafe:20180529000015j:plain

でも、いつかまた、会えるかな。