ボヘミアンさん、こんにちは

こっそり読んでほしいボヘミアンさんのブログ。

Old Tom Waits

昨日の続き。

大好きなトムウェイツのこと。

 

f:id:bohecafe:20180401212434j:plain

 

ぼくがトムウェイツを知ったのは19の時。

もう興奮しましたね。唯一無二の個性。強烈すぎる存在感。真似できませんよあれは。笑

 

彼の歌は非常に詩的である種の文学を読んでいるようでもあり、その旋律は独特の「酔い」を持って脳内に伝わってくるようでもある。

何より歌に漂うセンチメンタリズムが、今なお心を捉えて離しません。

 

ぼくは煙草も吸わない、酒も飲まない、ギャンブルもしない。

それでも彼の描く世界観は不思議と分かるような気がするんです。

自己のロマンチシズムに陶酔しきった作品が、全く生き方も境遇も違う人たちの心を打つのはなぜでしょう。

 興味のある人は、一度聴いてみてください。 

 

トムウェイツ初心者にオススメレコードはこの2つ。

f:id:bohecafe:20180401214343j:plain
デビュー作『Closing Time』。これが今でも一番人気で代表作。

『Ol' 55』『Martha』『Grapefruit Moon』『Closing Time』など名曲ぞろい。

 

f:id:bohecafe:20180401214418j:plain
2作目『土曜日の夜』。実はこれが一番好き!

『San Diego Serenade』『Shiver Me Timbers』『The Heart Of Saturday Night』この3曲が最高です。

ベットミドラーもカヴァーしている『Shiver Me Timbers』がマイベスト。

 

 

最近はトムウェイツを知っている人が少ないのが悲しいところ。

知ってる人がいたらモノマネで何でも歌うのになあ。笑

歌心のある人はぜひ!